相葉裕樹の彼女は?結婚してる?声優としての活躍は?舞台は?レミゼラブル出演?

今回は、最近若手俳優・声優として急成長中の相葉裕樹についてまとめました。

彼女、結婚などのプライベートだけではなく、声優や舞台俳優としても仕事が話題になっています。

相葉裕樹

まずは相葉裕樹について紹介します。

プロフィール

名前:相葉裕樹 (あいば ひろき)
生年月日:1987年10月1日
出身地:千葉県船橋市
血液型:O型
身長:180cm
事務所:グランアーツ

身長180センチって結構高いですよね( ´ ▽ ` )

実はかつての事務所に移る前に本名から改名をしているそうですね。

改名の理由は明かされていませんが、現事務所であるトップコートの社長が改名好きだからという噂もあります。

噂の出所としては、トップコートに所属する俳優、女優さんに芸名が多いからという理由だそうですが・・・。因みに、2016年1月からはグランアーツに所属しています。

さて、気になる相葉裕樹の性格は、

インタビューでは自身のことを、人に指示するタイプというよりは、リーダーを外から見てるタイプであると話しています。そして、まわりの人からは、マイペースな性格とよく言われているみたいです。

グイグイ引っ張っていくよりは一歩引いて冷静な目で周囲を観察するタイプですね。

結婚がもうすぐ!?彼女が可愛い!?

そんな相葉裕樹には「結婚間近の可愛い彼女」がいると話題になっています!イケメンな彼の事ですから彼女の一人や二人いてもおかしくないんですが、結婚はどうなんでしょう!?とりあえず調べてみましょう!

「相葉裕樹 彼女」「相葉裕樹 結婚」で検索すると「吉川まりあ」というキーワードが出てきました。

吉川まりあはこの方です↓

吉川まりあ(よしかわまりあ)さんは1988年12月3日生まれのタレント、グラビアアイドルです。女優としての出演作品も多く、演技の評価もそれなりに高かったようです。

目が大きくてお人形さんみたいな儚さがありますね☆

それだけじゃなく、演技もこなせるという情報もありましたね。これなら、俳優として伸び盛りの相葉裕樹のお相手してとしても納得ですよね( ´ ▽ ` )

「相葉裕樹 結婚」と検索している人は多いんですが、なかなか決め手になる情報がないので「吉川まりあ 結婚」で調べてみると・・・

吉川まりあさんは2014年に自身のツイッターで結婚を発表しています。

ふむふむ。さて、お相手は相葉裕樹なのでしょうか?

吉川まりあさんはプロ野球選手の小野淳平さんと結婚をしています。2011年ごろ知人の紹介で知り合ったそうで、約三年の交際期間を経て2014年に結婚しています。

あらー、別の方でしたね^^; しかもプロ野球選手という全然別分野でした。

因みに小野純平はこちら

プロ野球選手の小野順平さんは1987年4月5日生まれです。小野順平さんは大分県出身で、2009年のドラフト5位で読売ジャイアンツに指名され、プロ野球選手となりました。

まとめると「相葉裕樹の彼女および結婚相手は吉川まりあではありません」した。そのほかに女性遍歴は出てきませんでした。

声優としての腕前がすごい!あの大御所も注目!!

相葉裕樹の声優としてのキャリアをまとめてみました。

調べてみたら、声優としても相当の腕前であることが分かったんです!!

2012年、テレビアニメ『新テニスの王子様』に入江奏多役で出演。2013年、『銀河機攻隊 マジェスティックプリンスのヒタチ・イズル役でテレビアニメ初主演を果たした。尚、その年に行われたニュータイプアワード 男性声優賞で4位を獲得。作品賞で2位に選ばれた。

さらに、あの方からもかなりの評価を受けているようですよ

沢城みゆきさん曰く「あんたらがそんなに芸達者だとこっちはおまんまの食い上げだ」(大意)と共演の池田純矢さんとかなりの高評価をもらってました。

沢城みゆきさんは声優界の大御所ですから、これはもう声優としての腕前は確実!!!ではないでしょうか。

相葉裕樹の声優としての伸びしろに期待出来そうですね。

あの有名な舞台で大活躍!!

相葉裕樹はどんな舞台に出演しているのでしょうか?調べていると有名どころの舞台にたくさん出演していることがわかりました。

HEADS UP!で名優と渡り合う

新人舞台監督・新藤祐介役として出演

ミュージカル『HEADS UP!』は、舞台仕込みから撤収までの奮闘をコメディカルに描いた “舞台メイキングミュージカル” だ。2015年11月に初演されるや、その評判は口コミで広がり大盛況で幕を閉じた

以前から定評のある作品のリメイクだったようです。中々のプレッシャーだと思うんですが、演じこなした相葉裕樹は相当の実力者でしょう。

気になったのが、なかなか強面の共演者なのですが・・・

脚本:倉持裕
原案・作詞・演出:ラサール石井
出演:哀川翔、相葉裕樹、橋本じゅん、青木さやか、池田純矢、今拓哉、芋洗坂係長、オレノグラフィティ、陰山泰、大空ゆうひ、中川晃教 他

ラサール石井、哀川翔などかなりの大御所と芝居をしていますね。流石若手の有望株って感じです。

ウーマン・オブ・ザ・イヤーで示した舞台愛

これは言わずと知れたブロードウエイミュージカルの大ヒット作品の日本リメイク版です!

1981年にブロードウェイで上演、トニー賞4冠に輝いた傑作ミュージカル!『タイタニック』『キーン』等のピーター・ストーンによる脚本、『シカゴ』『キャバレー』『蜘蛛女のキス』も手掛けたジョン・カンダー作曲&フレッド・エッブ作詞により大ヒット!

これに相葉雅樹はサム・クレッグ役で出演していました。

相葉雅樹はウーマン・オブ・ザ・イヤーについて以下のように語っています。

この作品は椅子に腰を深く沈めて観る作品ではないと思います。皆が前のめりで、作品の「動き」に合わせて心も動く、そんな作品。王道のラブコメで観ているお客様の心を「キュン♪」とさせたいですね。きっと楽しいものが共有できるんじゃないかなと感じています。

彼がこの作品をとても愛していることがこちらまで伝わってきますね。

また、同時に舞台稽古もとても楽しんでいるようにも見えます。観客にもその熱気が伝わるのでファンが多いんでしょうね^ ^

レミゼラブルに大抜擢!

また、あの有名なヴィクトル・ユゴー原作の超大作ミュージカル「レ・ミゼラブル」にも出演しています!!帝国劇場出演です!!すごいですね!!

相葉裕樹はアンジョルラスという役柄で出演します!アンジョルラスの説明はこちら。
アンジョルラスとは容姿端麗な青年で、共和派の秘密結社の首領であり、裕福な家庭の一人息子。祖国(フランス)と革命が、人生の全てを担っている理想主義者でもあります。劇中(ストーリー)では、他の共和派と共に決起し、居酒屋などにバリケードを築き、マリウスらと共に陣頭に立ちます。
ナポレオン没落後の混乱期を描いた作品ということですが、相当アツいキャラクターを演じるようです。
相葉裕樹のはレ・ミゼラブル出演についてこのように語っています。
20代のうちに帝国劇場に立つという目標があった。オーディションを受けてから長いこと待たされたので、もうダメなのかなと思っていたら時に、(合格)連絡が来た。めちゃくちゃうれしかったですね。もう泣きましたね!」と回想。同ミュージカルは全編を通じて歌唱シーンで構成されており、「苦労しましたね。普通にお芝居するより、気を使う箇所が多くて、ものすごく集中力のいる作品でした」と語った。
30歳で帝国劇場出演という夢を果した相葉裕樹これからはどんな目標を殺陣、俳優として成長してゆくのでしょうか?
これからの活躍がますます楽しみになりましたね^ – ^

演劇に賭けるアツい男、相葉裕樹!

相葉裕樹の彼女情報はわからずじまいでしたが、演劇に賭けるアツい男性ということが分かりましたね!きっと将来は大舞台に立ち、観客を沸かせてくれるに違いありません!!

相葉雅樹を皆さんこれからも応援しましょう〜〜♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする